top of page

守時タツミ コンサート2024 in 壱岐

🎹特別番組のお知らせ🎹


6月22日(土)一支国博物館の展望エリアでコンサートが決定している Decibel - 守時タツミ official #守時タツミさん のインタビュー番組を放送します。9枚目のアルバム全6曲から毎回2曲づつ紹介しながらアルバムの話から壱岐への思いをロングトークで各回40分の特別番組でお届けします。ぜひ聴いてください


(今週の放送日時)

6月10日(月)17:10

6月11日(火)18:00

6月13日(木)13:30


(過去の放送日時)

6月3日(月)13:30・17:50

6月5日(水)17:30

6月6日(木)9:00・12:20・17:10


【会場】壱岐市立一支国博物館 芝生広場(屋外)

【時間】開場 18:15 / 開演 19:00

【料金】大人¥1,500 小人¥500(高校生以下)

※屋外コンサートの為、雨天の場合は会場が多目的ホールに変更となります


【チケット取扱い】チケットの販売は 5/14(火)〜

壱岐市立一支国博物館 電話:0920-45-2731

天の川酒造株式会社 電話:0157-51-2088




MOTTAINAI SOUND


「MOTTAINAI SOUND」は、ワンガリ・マータイさん提唱の MOTTAINAI キャンペーンの活動 の中で、守時タツミが 2007 年に企画、制作をはじめたプロジェクトです。日本各地の海や 山、町の音など、その土地で聞こえてくる音を録音しています。そして、その時見た風景とそ の場で感じた思いを 1 曲ずつ曲にして、自然の音とミックスした音楽を作っています。2015 年より、NHK ラジオ深夜便でコーナーがスタート、現在は「景色の見える音楽」として放送さ れております。




おとえほん


「おとえほん」は、音楽家 守時タツミがプロデュースした「聴くえほん」です。 言霊を持った女優の優しい語りと、老若男女が楽しるオーケストラサウンドで構成されていま す。子どもたちに 感受性豊かに 育ってほしいという思いが 一つ一つの作品に込められていま す。これまでのナレーション作品とは異なり、お話と音楽が完全に同期し、昔話の風景が鮮や かに蘇ります。お子さまにはもちろんのこと、大人もご年配の方も、リラックスしてとても懐かしい気分になると、口コミで評判になり、今では、ロングセールスとなっているシリーズで す。現在、NHKラジオ深夜便「景色の見える音楽」で放送されているほか、JALの機内音 楽や全国の電子図書館にも導入されております。




(プロフィール)


守時 タツミ / 音楽家


キーボードプレーヤーとして音楽活動を開始。 コンサートツアー、レコーディングから、アレンジ、プロデュース までこなす。今まで関わったアーティストは、佐野元春、 ザ・ハ イロウズ、Kinki Kids、藤井フミヤ、hitomi、田村直美から Clementine にまで至る。また、Carmine Appice、Tony Franklin らで結成された Pearl のツアーにも参加。後にベネチア映画祭招待 作品『千年旅人』など映画音楽も手がける。


2007 年「100 年後の子どもたちへ」という思いで decibel を立ち上 げ、活動を展開する。「おとえほん」「MOTTAINAI SOUND」な どの企画、制作を手がけ、高い評価を得ている。2015 年より、NHK ラジオで「音の絵本」「景色の見える音楽」で レギュラーを担当。



MOTTAINAIキャンペーン


環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワン ガリ・マータイさん。マータイさんが、2005年の来日の際 に感銘を受けたのが「もったいない」という日本語でした。環境 3R + Respect = もったいない Reduce (ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資 源化)という環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでな く、かけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念) が込められている言葉、「もったいない」。マータイさんはこ の美しい日本語を、環境を守る世界共通語「MOTTAINA I」として広めることを提唱しました。こうしてスタートした MOTTAINAIキャンペーンは、地球環境に負担をかけな いライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指 す世界的な活動として展開しています。




お問合せ

 デシベル合同会社 五月女 真

saotome@decibel.jp / 090-4520-1147

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page